独学で資格を取るなら、どんな資格が良いのか

独学で資格取得をするためには、どんなメリット・デメリットがあり、他と学習方法と比べてどんな違いがあるのでしょうか。
独学の利点として代表的なものは、やはり金銭的なものでしょう。通信教育や通学スクールで学ぶには、それ相応の金額が掛かります。また、独学であれば自分でスケジューリングが可能な為にストレスを溜めずに勉強を続けることができるでしょう。ただし、自由が効く分だけ自分の学習計画もモチベーションの維持もすべて自分次第ということになります。ですから、独学は自分の管理が得意な人におススメです。そして、人と競って勉強することではなく、合格した後のイメージまで持つことが出来る人によりおススメです。
法律系の資格は、独特の言い回しが誤解答を誘う為、試験前にはやはり模擬試験等を受けることで試験に慣れることが大切です。独学のデメリットの1つとして、勉強自体が自己満足になってしまうことが多々あるからです。客観的な眼で自分の学力を知り、再確認することでより合格に近づくことができます。間違った問題のみを抜粋して、広範囲に渡る試験の苦手科目を減らすことで確実な合格ラインに近づくことができるのです。社会保険労務士の試験は合格基準点さえ達していれば、定員制による足切りがないので完全な実力勝負ができます。
今の勉強を続けることは苦しくもありますが、合格後の社労士としての活躍をイメージすることでモチベーションの維持を図り、更なる理解力を高めましょう。