社労士として働いた場合の気になる平均年収は?

取りたい資格として長年上位に位置する社会保険労務士の資格ですが、資格取得後に実際に社労士として働いた場合にはどれくれいの年収を得ることが出来るのでしょうか。今よりもかなりの高収入になるというのであれば、これから始める資格取得の為の勉強のやる気も違ってくることでしょう。もちろん、業態や顧客の数にもよるので一概には言えませんが、多くの社労士は年収500万円以上でしょう。年収300万円自体とも言われている中では、高い収入の部類に入るでしょうし、もちろん資格取得後の営業努力によっては、自分次第で更なる収入アップに繋がります。社労士としての収入アップに直結するのは、企業内の社会保険手続きだけをするのではなく、労務や人事に関わる部分のコンサルティングを委託されると顧客単価がグッと上がり、より高い収入を得られます。もちろんそういった顧客を見つけることが一番の問題とはなってくるのですが、資格取得の学習と合わせて営業力も付けると良いでしょう。
そして、気になる学習方法としては、出題範囲がかなり広く受験時間も長い社労士の試験について、まずは問題と時間配分に慣れることが大切です。独学での取得も可能ですが、試験前には直前セミナーなどに行き試験の環境に慣れた方が緊張による凡ミスを防ぐことが出来るでしょう。問題数が多いということは、慣れていないと最後まで問題を終えることが出来ないこともあります。一度で問題の意味・意図を理解し、1問に掛ける時間を最小限に抑えることも大切です。


【PR】社会保険労務士 年代別お仕事マニュアル

【PR】社会保険労務士勉強法の王道